タイズ・オブ・タイム – ボドゲの紹介

タイズ・オブ・タイム


プレイ人数 :2人
ルール難易度:かなり簡単
ジャンル  :ドラフト
所要時間  :20分
言語依存  :ほんのちょっとだけある

ゲーム概要:

このゲームではプレイヤーが文明を進歩させることを目指します。
しかし、時の流れとは残酷なもので、文明を滅ぼすことも多くあります。
その都度に文明を再建し、できるだけ繁栄した文明を築きましょう。
このゲームのタイトルですが、恐らく波(tides)のように来る文明サイクルと英語の諺の
”Time and tide wait for no man”(意味:歳月は人を待たず)の洒落でしょう。

セットアップ:

tidesoftime (1)コンポーネントがとてもシンプルで、18枚のカード、1枚の早見表と4枚のタイルだけです。

他にスコアシートと鉛筆が入っていました。(写真に写っていませんが)
セットアップというほどのセットアップが要りません。

ゲームのルール:

まずはゲームに使う18枚のカードを良くシャッフルし、各プレイヤーに5枚ずつ配ります。

各プレイヤーは同時に配られた5枚のカードを見て、一枚を選んで、伏せます。
残りの4枚は次のプレイヤーに渡します。(まだ見ないでね!)
tidesoftime (3)
全てのプレイヤーが選び終わったら、選んだカードを同時に公開します。
tidesoftime (4)
ここで、渡されたカードを見て、先と同じく一枚を選んでから伏せて、残りのカードを次のプレイヤーに渡します。
準備ができたら同時に公開します。
tidesoftime (7)
これが全ての手札がなくなるまで続けます。
終わる時に場に5枚のカードが出ていることになるはずです。
tidesoftime (2)
ここで1ラウンドが終了し、現在の得点を計算します。
ポイントはそれぞれのカードの能力によって変わったりします。(詳しくは下の得点計算まで)
得点計算が終了したら、5つの建物の中から一つを選び、タイルをその上に載せます。このカードは自分の場に残ります。
tidesoftime (9)
残りの4枚の中から一枚を選び、それを捨て札にします。
tidesoftime (10)
残りの三枚は手札に戻します。
tidesoftime (11)
そこで各プレイヤーは山札から2枚ずつカードを引き、5枚の手札で上記のドラフトと得点計算を行います。
3回めの得点計算が終了したらゲームが終了し、得点がより高い人の勝ちとなります。

得点計算:

このゲームはカードによって勝利点(☆マーク)が変わったり、得点が無かったりします。
また、カードの勝利点に関連するスートがあります。
スートは赤(城塞)、青(巻物)、黄(王冠)、緑(葉)、紫(手)スートなしの6種類の3枚ずつです。
勝利点の計算方法はカードの右上の英文で書いてあるので、念の為にそれぞれの効果をこちらで記入します。

For majority in ○ gain 7☆
○ のスートのカードが相手よりも多い場合、7勝利点を得ます。
tidesoftime (13)
For each ○ gain 3☆
○ のスートのカード1枚につき3勝利点を得ます。
tidesoftime (14)
For each set of ○● gain ■☆
○●の組み合わせを1セットに付き■勝利点を得ます。
tidesoftime (15)
For each suit you don’t have gain 3☆
1枚も所持していないスート1個に付き3勝利点を得ます。
tidesoftime (16)
For majority in suits with only one card gain 8☆
1枚しか持っていないスートが相手より多く持っている場合、8勝利点を得ます。
tidesoftime (17)
For scoring the highest with a single card gain 8☆
あなたの一番高い勝利点を叩きだしたカードが相手の一番高い勝利点を叩きだしたカードよりも高い場合、8勝利点を得ます。
tidesoftime (20)
Double the amount of your most numerous suit(s)
勝利点はありません。
所持しているスートの中で一番数が多いものを2倍にして計算します。
例:手持ちのスートは赤2、青2、緑1の場合、得点計算時に赤4、青4、緑1として計算します。
tidesoftime (18)
Win all ties.
勝利点はありません。
全ての引き分けに置いて勝ちとする。
どういうことかというと、「相手より多く持っている場合」のカードの得点計算時に、「相手と同数以上」でも構いません。
tidesoftime (19)

個人感想:

★★★★★★☆☆☆☆(6/10)
二人用のドラフトとしてはよく考えているゲームと実感できます。
コンポネントもルールもシンプルなのに、ちゃんとドラフトの良い所を抑えています。
しかし、盛り上がるポイントが些か難しいのが一つのと、「Win all ties」のカードが時によって強すぎるのが難点です。
もうちょっとバランス調整をすれば良くなるかもしれませんが、シンプルにこだわるのならこんなものかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です