トワイライトストラグル – ボドゲ雑談

トワイライトストラグルpic1869281_md

プレイ人数 :2人
ルール難易度:普通
ジャンル  :ウォーゲーム
所要時間  :180分
言語依存  :110枚のカードの和訳が必要(ネットで探しましょう)

これはつい最近まで長年ボードゲームギークス(BGG)でランキングを1位と君臨し続けたゲームです。
テーマは冷戦で、歴史大好きな筆者にはぜひとも持って来いのボードゲームでした。
しかし、何と言ってもプレイ時間が3時間というのがネックでした。そもそもやろうとしても3時間を付き合ってくれる人がなかなかいません。
そこで僕をボドゲという泥沼(褒め言葉)に引きずり込んだ師匠に勧められて、遊んでみました。
遊んでみるといろいろと分かりますが、面白いです。(当たり前か!)
何が面白いかというと
1. ルールは実にシンプル
2. 自由度が高い
3. 戦略性が高い
上記の3つが大きな原因ではないかと思います。(個人的な見解です。)

ゲームの進行は基本的にカードを使って、イベントを解決する。
イベントを行う代わりに、作戦値というものがカードそれぞれに記載されていて、その作戦値を使用することができます。
しかし、相手陣営のイベントカードの場合は、そのイベントは必ず発動しますので、なかなか困ります。
それでいかに被害を抑えるのかが重要なポイントとなり、このゲームのミソでもあります。

そこで、どんなカードが強いのか、どのカードを使えばいいのか初心者にとってはかなりわかりづらいです。
それで、勝手ながらカードの一覧表を作りました。
当然、一覧表だけでは意味が無いので、僭越ながら、筆者のひと言コメントも添えてあります。
ご興味のある方はぜひ読んでみてください。

トワイライトストラグルのプレイヤーエイド(US)

トワイライトストラグルのプレイヤーエイド(USSR)

ゲームのルールや詳しいレビューも書きましたので、是非チェックしてください!
よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です